夏休み子ども健康教室

秋風が心地よい時節となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

つきやま歯科医院 歯科衛生士 諌山 朋世です。

 

今回は、8月8日に開催された『夏休み子ども健康教室』について報告します。

 

当院では2015年より、年長さんから小学4年生までの子どもたちと保護者の方と一緒に参加しても

らい、歯についての実験などを行っています。

今回のテーマは『酸についてと飲み物の砂糖の量について調べよう!』でした。

 

実験では

  • 10円玉と酢を使って10円玉をピカピカにする
  • 卵と酢を使ってスケルトン卵を作る
  • ジュースのpHを調べる
  • 飲み物の砂糖の量を調べる      

などを行いました。

そのなかでも、一番子どもたちの反応がすごかったのが、飲み物の砂糖の量を調べる実験でした。

皆さんにもご紹介したいと思います。

 

飲み物の中の砂糖の量の調べ方です。

ジュースのラベルの裏側に栄養成分表示と書いてあります。

その項目の中に〝炭水化物〟という項目があります。炭水化物は砂糖も含めた糖質の総量を示して

いるので、この数値が含まれている糖質の量です。

 

 

 

実際にグラニュー糖を使って計ってみると...

 

コーラ 500mlあたり 56.5g

 

アクエリアス 500mlあたり 23.5g

 

牛乳 500mlあたり 24.75g

 

お茶 500mlあたり 0g

 

この結果をご覧になっていかがでしたか。

 

普段摂取している飲み物の中には多くの砂糖が含まれていることがわかります。

私たちの身体のエネルギー源として糖質は大切なものです。

しかし、砂糖を多く摂取しすぎることで、虫歯だけでなく肥満、糖尿病などの全身状態にも悪影響

を与えることになります。

これからは、糖質も上手に摂取し健康を維持していきましょう。

 

また、夏休みこども健康教室は来年も開催したいと考えていますので

皆さんもぜひ、ご参加いただければ幸いです。