東京医科歯科大学での講義

つきやま歯科医院 院長の築山雄次です。

毎年恒例の東京医科歯科大学の歯学部学生、大学院生への講義に行ってきました

内容は「日本に歯科医療にダメ出しする イノベーションをするのは君たちだ」という2年生へのメッセージと、「人生100年時代、最新の予防歯科戦略」という大学院生への講義です。

学生時代に口腔衛生学が予防歯科という講座にかわり、今はオーラルヘルスプロモーションという講座になっています。

40年前、予防歯科という言葉は目新しいがだれも興味を示しませんでした。

時代は変わり「予防歯科」という言葉は一般化しましたが、それを定着させる知識や教育は極めて不足していると感じます。

今回の講義ではだれも眠る人もなく、講義が終わるとまだ歯科のこともあまり学んでいない2年生も目を輝かせて聴いてくれるようになりました。

彼らが卒業するときにその目が輝き続けることを祈って毎年語りに行こうと思います。

学生の感想文に「Roots Before Branch」と書いてありました。

https://www.youtube.com/watch?v=zDdqTx_8ewk

「なんのために歯科医師になるのか考えた」とも

https://www.youtube.com/watch?v=yek2342WxP8

なかなかだな。