2012年度 米国歯周病学会ロサンゼルス大会でセンター長講演

つきやま歯科医院 福岡 審美歯科・インプラント・再生医療センター 築山鉄平です。

 

ブログってなかなかつい更新を忘れてしまいます。秋も深まってきて、もう冬の足音が聞こえる今日この頃ですがみなさん体調はいかがでしょうか。昨年の教訓から私は10月末にすでにインフルエンザの予防接種をうちました。皆さんも、普段から手洗い、うがいを励行するようにしましょうね。

今回は9月末にロサンゼルスのアメリカ歯周病学会という歯周病学とインプラント学のアメリカ最大学会で講演してきましたのでそのご報告を致します。

 

今回の講演内容は「いかにサイエンスに基づいて審美インプラント治療を確実に行うか」というトピックでした。90分の時間を頂いていたので、練りに練ってきちんと時間内に収まるように計画しましたが88分と本当にギリギリでした。
アメリカの歯科医師だけでなく日本から参加されている先生方も多数いらっしゃって、講演後も色んな方にご挨拶に来て頂き恐縮でしたが、さらに今後の講演機会を頂いたりして自分でもかなりの達成感を感じました。来年は、フィラデルフィア州にあるペンシルベニア大学のインプラント科でもおそらく講義を担当させて頂く事になりそうで、日本にとどまらず世界的にもトップの臨床家でいられるように、そしてそれが患者さんみなさんにフィードバックできればいいなと思います。

 

10月は計3週間不在にして関係各位に大変ごめいわくをおかけしました。これからも宜しくお願い致します!

 

12-11-9_01

講演中のセンター長