矯正治療によって前歯の一部の歯肉が退縮した症例

症例1

治療前

根面被覆処置004

歯肉に炎症が継続していて、歯肉退縮がおきている状態。非常に歯がしみやすくなったり、ブラッシング時に違和感がおきている。

治療後

根面被覆処置004

歯肉移植後、歯肉の厚みが改善し、健康な状態に回復。外見も非常に自然です。

症例2

治療前

根面被覆処置005

矯正治療後の状態。歯根がおおきく露出している状態

治療後

根面被覆処置005

歯肉移植後、歯肉の状態が十分に再生され健康な状態を維持している。

症例一覧に戻る