前歯部の隙間を埋めた症例

症例1

31歳男性。メインテナンス通院でう触、歯周病フリーの患者さんでした。かねてから悩みであった前歯のすきまをセラミックベニアを用い、最小限の治療で最大限の効果を上げています。現在もメインテナンスで良好な状態を保っています。

治療前

case_esthetic003

治療後

case_esthetic003

症例一覧に戻る