活動報告

福岡歯科大学歯学部1年生への講義報告

紫陽花の花が美しい季節になりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

つきやま歯科医院専門医療センター天神 院長の築山 鉄平です。

先日、1年生の学生を対象にキャリアガイダンスを行いました。

私たちの大学教育はどちらかというと先生から生徒へという一方通行が多かったですが、今回は多くの時間をグループディスカッションを行い、アクティブラーニングという積極的に自分で学びをとるスタイルです。

まだいい意味で歯科会の常識に染まっていないので、多くの自由な発想が飛び出し私自身も大変勉強になりました。

これからも若手の教育には力を尽くして参りたいと思います。

キャリアガイダンス講義風景

福岡歯科大学 講義報告

すがすがしい初夏の季節となりました、皆様いかがお過ごしでしょうか?

つきやま歯科医院 副院長の三ヶ尻 佳貴です。

現在私は、福岡歯科大学の口腔保健学(予防歯科学)の非常勤講師をしております。

先日は、4年生の授業2コマ(160分)を担当致しました。

少しでも母校に恩返しが出来たらと思い引き受けましたが、自分の歯科医師としての18年間を振り返り、『歯科医療のあるべき姿』について頭の中を整理する良い機会となりました。

『卒業後何を考え、どうしてつきやま歯科に就職したのか、そしてそれから多く経験と学びを得た18年間を経て、今現在は何を目指しているのか』という話を前半に行いました。後半では、『日本の歯科界の現状』並びに、『今後求められる歯科医療について』をテーマに講義を行いました。

今の4年生(歯学部は6年間)は、将来どんな歯科医師になりたいか?卒後どのような歯科医療を目指すのか?など真剣に考えている学生さんが多く、(私は違いましたが)非常に嬉しく感じました。

今後日本の歯科医療を担う若者達への講義を通して、歯科医療人として軸となる哲学を私なりに伝えたことで、残りの学生生活および卒業後の長い歯科医師人生における1つの方向性を提示できたと確信していますし、私にとっても非常に刺激的で楽しい1日となりました。

 

講義中の私

 

PHIJ2018開講

つきやま歯科医院の総合診療医 中島安里紗です。

若葉萌える好季節となってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日当院では、2018年度PHIJが開講致しました。

私自身、運営スタッフとして本格的にPHIJに参加させていただくのは今年度が初めてとなり、大変身の引き締まる思いで臨ませていただいておりますが、受講生の先生方や衛生士の方々の患者様一人ひとりに対する熱い思いを拝聴し、ますます今後に期待が高まってきました。
第1回のPHIJではその哲学からMTM(Medical Treatment Model)の概念、流れを徹底的に学んでいただき、実践も行なったことで理解がますます深まったことと思います。
さらに、クレイトン大学歯周病科主任教授の宮本貴成先生にもご登壇いただき、診療所の経営者として必要な心構え等、革新的なお話をしていただきました。

講義中の宮本貴成先生

 

また米国の歯科衛生士であるBecki Coleさんにもお話をいただき、日本と米国での歯科衛生士という職業のあり方の違いをまざまざと感じ、本来の歯科衛生士のあるべき姿についても再考出来たのではないでしょうか。

講義中のBecki Coleさん

 

歯周病への理解を科学的根拠に基づいて深めていくことは、患者さん一人ひとりの口腔内の健康を保っていく上で決して欠かせないことです。
スタッフ一同、今後ともますます研鑽を積んでまいりたいと思います。

講義中のセンター長 築山鉄平

歓送迎会

つきやま歯科医院の歯科衛生士 梶谷京子です。

 

4月になり暖かい陽気が続いており、桜も見ごろを迎えています。

先日、医院全体で歓送迎会を行いました。50人のスタッフほぼ全員が参加していたので、とても賑やかな会になりました。スタッフの人数が多いので普段はゆっくり話すことができない人たちとも交流が深まり、有意義な時間を過ごすことができました。今年度は4名のスタッフが退職し、それぞれ新しい場所へと旅立っていきます。寂しいですが4名が新天地で活躍してくれることを願っています。

これから5名の新しい仲間が入社します。個性のある人たちばかりでこれから一緒に働くのがとても楽しみです。

退職する衛生士と院長

 

入社する歯科医師、歯科衛生士、受付と院長

エルゴフィンガー

つきやま歯科医院  歯科衛生士  山崎 千衣 です

 この度、クロスフィールド株式会社の商品情報誌に記事を掲載させていただきました。患者さんたちの身近なクロスフィールド社の製品としては、私も愛用しているTePe(テペ)の歯ブラシや歯間ブラシがあります。

 今回掲載した記事は、普段私たちが吸引器具(バキューム)の新しい形のものを紹介させていただいています。私たち歯科医療従事者は無理な体勢をとることが多く、肩こりや腰痛などを抱えやすいと言われていますが、それを改善できるような新しい形の吸引器具が発売されました。

生涯現役で患者さんと長くお付き合いしていくためにも、術者の負担も少なくしてくれる器具がもっと増えることを願います。

記事はこちらをクリックしてください

つきやま歯科医院スタッフ全員で救急蘇生訓練

つきやま歯科医院 歯科医師 野間俊宏 です。

先日、つきやま歯科医院スタッフ全員で毎年恒例の救急蘇生訓練を実施いたしました。当院の非常勤勤務医で飯塚病院口腔外科部長:中松耕治先生に正しい蘇生方法を学ぶことで、万が一の事態に確実に対応できるように私たちは常日頃研鑽を重ねております。私自身も口腔外科医としてのキャリアがありますが、温故知新で当たり前のことを大事にしたいと思います。

率先してスタッフの指導にあたる私。

 

宮崎県歯科医師会 若しゃん会で講演いたしました

みなさんこんにちは。つきやま歯科医院 専門医療センター長の築山鉄平です。

今年の講演はじめは宮崎でした。宮崎は過去に2回ほど訪問したことがありますが、いずれも車を運転していったので片道約4時間と大変な行程だったと記憶しています。今回は時間の都合から飛行機を利用しました。福岡空港から宮崎ブーゲンビリア空港まで飛行時間約30分であまりの早さにびっくりしました。また気温も福岡と変わらず3度で、飛行機が上空で飛行機が引き返して福岡に戻ったのではないかと錯覚しましたが、地鶏の焼き鳥で暖かい懇親会を開いていただき大変楽しい時間を過ごすことができました。講演後は全国の養殖ウナギ生産の7割を生産するというウナギの名店を訪れ、2018年最高のスタートを切れたと思います。

今年も患者さん、福岡市民の口腔健康の実現のために精一杯勤めて参る所存です。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

講演中のわたし

会場は歯科医師、歯科衛生士の多くのみなさんにご参加いただきました!

週間朝日MOOK「歯科医師が選ぶいい歯科医師」として紹介されました

つきやま歯科医院 受付 山中です。

あけましておめでとうございます。本年もみなさまに快適に歯科医療を受けていただけるように努めてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて遅ればせながらの報告になりますが昨年、週間朝日MOOK「歯科医師が選ぶいい歯科医師」に当院の築山鉄平が紹介されましたのでご案内いたします。どの先生だったら受診したいかという質問に対して、全国の著名な歯科医師によってご推薦いただきました。

当院の築山鉄平はインプラント、歯周病、審美の専門医です。皆様のお困りごとに適切に対応させていただきますので、お困りの方はいつでも私たちにお伝えいただけると幸いです。

新年恒例行事:米国歯科大学院同窓会(JSAPD)セミナーに参加してきました

あけましておめでとうございます。つきやま歯科医院 専門医療センター長の築山鉄平です。

1月6、7日(土日)に米国歯科大学院同窓会に参加しています。この会は22年前に故保母須弥也が発足された会で、海外で正式な専門医教育を受けた先生方によって構成される集まりです。昨年は当院の木戸淳太が講演をいたしましたが、今年は受講を目的に参加いたしました。今年も患者さんにベストの歯科医療をご提供できるように医院全体で取り組んでまいります。

口腔顔面痛専門医:安藤彰啓先生の講演

 

インディアナ大学准教授:安藤昌俊先生をお迎えして勉強会を行いました

つきやま歯科医院 歯科医師 野間俊博です。

つきやま歯科医院では患者さんの口腔の健康を守るために、特に自分自身の歯を生涯残して快適な生活を過ごせるように予防メインテナンスの必要性を提唱してまいりました。一般的に日本の歯科医療では安易な治療によって必要のない「むしば」が削られてることも多く、歯科予防先進国の北欧ではそのような安易な治療を行わなくても予防できる「カリオロジー(むしば学)」が大変進んでいます。今回は、その「カリオロジー」のスペシャリストであるインディアナ大学准教授:安藤昌俊先生をお迎えして2日間に渡り院内勉強会を行いました。わたしたちは患者さんのお口の健康を守るために生涯研修を常に行なっています。