小児矯正歯科

小児の矯正の目的

1.悪い習癖の除去

指しゃぶり、爪咬み、唇を吸う癖、また舌で歯を押す癖などは、歯ならびや噛み合わせを乱す原因となります。また、頬杖や悪い姿勢なども咬み合わせに悪影響を与えます。このような悪い習癖を早期に取り除くことで、よりよい歯列へ育つ可能性を高めます。

2.虫歯や歯肉炎になりにくい口に

前歯や奥歯の歯並びが凸凹していたり、歯が傾斜していると、ブラッシングが難しく不潔になりやすいので、虫歯や歯肉炎ができやすいのです。歯並びや咬み合わせを整えることで、虫歯や歯肉炎の予防につながります。

3.顎骨の成長をコントロールする

受け口、出っ歯、永久歯のスペースが足りないなどの問題がある場合は、成長期に顎の骨の成長をコントロールすることで改善することがあります。早い時期に正しい咬み合わせに改善することで、呼吸や姿勢を整え、全身の健全な発育を促すことにつながります。

4.永久歯がはえるスペースを確保する

乳歯の虫歯を穴があいたまま放っておいたり、乳歯が虫歯や怪我で永久歯へと生えかわる前に抜けてしまったりすると、永久歯が生えてくるスペースが足 りなくなることがあります。また、6歳臼歯(第一大臼歯)が乳歯にひっかかって生えてくると歯並びを乱す原因となります。乳歯から永久歯に生え換わる時期 には歯並びや咬み合わせのチェックをうけましょう。永久歯に生え換わる前の時期には、顎の骨の適切な発達を促すことで永久歯が正しい位置に生えてくるよう 誘導できます。

小児矯正の時期

歯並びや噛み合わせが気になる時は、乳歯から永久歯に生え変わる時期にチェックを受けましょう。 成長期のお子さんの顎の骨はやわらかいため、正しい位置に永久歯を誘導でき、また、顎の成長を適切にコントロールできる可能性が大きいのです。「受け口」 や「出っ歯」、「永久歯のスペース不足」など、骨格的な問題を早い時期に解決することは、将来本格的な矯正治療が必要になった場合に、抜歯などのリスクを 軽減することにつながります。

成長の様子はお子さんによって違いますし、矯正治療を始める時期も異なります。永久歯への生え換わりが始まり、気になることがありましたら、お子さんにあった治療の時期を相談しましょう。

治療の流れ-U20

1:カウンセリング

  • 歯並び、かみ合わせの相談

3,240 円

2:検査

  • レントゲン検査
    ( パノラマ、セファロ)
    ※セファロは徳州会病院で撮影
  • 模型
  • 写真

37,800 円

3:診断

  • 診断と治療方針の説明

10,800 円~

4:治療

  • Ⅰ期治療:108,000 円~
    調整:3,240 円
  • Ⅱ期治療:540,000 円~
    調整:5,400 円
  • 筋機能訓練:3,240 円/ 回

5:終了時検査

  • レントゲン検査
    ( パノラマ、セファロ)
    ※セファロは徳州会病院で撮影
  • 模型
  • 写真

10.800 円

6:保定

  • リテーナー

32.400 円~