一般歯科

一般歯科

一般成人の歯科治療は総合診療部で行われます。

ここには、一般的な病気に幅広く対応する能力を持ち、基礎的な臨床経験と技能をもつ歯科医師が所属しています。

むし歯の治療、根っこの治療、入れ歯、かぶせ物の作製など一般的な疾患の治療や修復を歯科衛生士と協力して行います。

また、専門性の高い処置(腫瘍や歯周外科、再生治療、難易度の高いインプラント治療など)を適切なタイミングで専門医と連携を取り、紹介し、協力して治療を行います。

治療が終了したら予防処置に特化した歯科衛生士と連携し、一生涯自分の健康な歯で生活できるような手助けを行っていきます。

なぜ歯医者さんに真面目に治療に通っているのに
どんどんむし歯になり、削られ、歯を失うことになるのでしょうか?

「治療」と言う言葉は、聞こえはいいですが歯科においては「自分の体の一部を除去、破壊し、人工物で充填する」ということに他なりません。つまり治療だけで歯 科医院に通院するという事は、通院の度に自分の体の一部を失い続けることになります。口腔内には多くのむし歯菌、歯周病菌が住んでいて、それらが活動しや すい環境(磨き残しが多い、間食が多いなど)ではいくら「いい治療」を受けても数年後にはその病気は再発し、治療を繰り返します。そのような悪循環で歯を 失っていくのです。その悪循環を停止させ、健康的な状態を長期的に維持する為に必要な存在が、オーラルフィジシャンとメディカルトリートメントモデルで す。

slide01

オーラルフィジシャンとは。

口腔二大疾患であるう蝕と歯周病に対して、検査に基づいて治療計画を立案し、患者さんの口腔内を生涯に渡って、疾患の発症と再発を予防する歯科医師をオーラルフィジシャン(内科的な歯科医師)といいます。一般医療現場では当然であるメディカルトリートメントモデルを正しく理解し、患者さんの口腔内を守り育てる事を行います。

オーラルフィジシャンとは挿入図