PHIJ ボストン研修を主催、参加いたしました。2日目:フォーサイス研究所研修

歯科先進国アメリカで年に1回開催される米国歯周病学会(AAP)に参加し、今後の日本における歯科医療の価値と真の患者利益を向上させるためにはどうすれがいいかを考えて頂く機会になれば、という想いから私たちが主催するPHIJ中心となりボストン研修を企画し、全国から多くの先生が参加されました。当院からは歯科衛生士:黒田薫、センター長:築山鉄平が参加いたしました。http://www.phij.net/information/2017_boston/

2日目のフォーサイス研究所における研修の模様を報告いたします。フォーサイス研究所は世界で唯一独立した歯科の研究機関として存在する組織で、バンダイク教授の強力なリーダーシップと実績で成り立っています。

バンダイク先生による講義

左からクレイトン大学主任教授:宮本貴成先生、バンダイク教授、センター長:築山鉄平

施設内を案内されるバンダイク先生

集合写真

フォーサイス研究所の入り口