専門医の力

HP表写真1

歯周病治療

歯周病専門医とは歯周病の予防・診断・治療、またインプラント治療に関するエキスパートです。

歯周病治療に関して最新の技術に精通し、自然な見た目を再現する審美的な治療に長けた専門家です。

また重度歯周炎に対して再生治療を含む様々な内科的・外科的手法を用いて最善の結果をもたらす役割を果たします。

当院では歯科先進国のアメリカで高度な教育を受けた歯周病治療・インプラント治療のスペシャリストが、テイラーメイドの治療を提供いたします。

専門医

築山鉄平(タフツ大学歯周インプラント科 post-graduate program 卒業)

インプラント治療、歯周病、審美治療:米国歯周インプラント療法専門医

専門分野についての経歴

2001年
九州大学歯学部 卒業~
2001年~2004年
佐賀医科大学(現佐賀大学医学部) 歯科口腔外科 勤務
2004年~2006年
元顎咬合学学会会長 矢澤一浩先生に師事
2006年~2009年
タフツ大学歯学部歯周病インプラント科~ post-graduate program修了
最優秀臨床賞(certificate of excellence)受賞~
2009年
米国歯周病学会歯周病認定医取得 (Diplomate,American Board of Periodontology)~
2010年
Boston Periodontal Resident Meeting, 最優秀臨床ポスター賞受賞
2010年
米国歯科修士取得(Master of Science)~
2009年~2010年
タフツ大学歯学部審美補綴フェロー~
2010年
ITI(International Team for Implantology) Language Reviewer
2011年~
つきやま歯科医院 専門医療センター センター長<
2014年~
タフツ大学歯学部歯周病科 招聘講師
2014年~
福岡歯科大学 非常勤講師

木戸 淳太(タフツ大学歯学部補綴科卒業)

かみ合わせの再構築、審美治療:米国補綴専門医

専門分野についての経歴

2006年
長崎大学歯学部卒業
2006年~2009年
佐賀大学医学部(現佐賀大学)歯科口腔外科 勤務
2010年~2011年
医療法人雄之会 つきやま歯科医院 勤務
2011年~2015年
タフツ大学歯学部補綴科専門医プログラム 修了
2015年~
医療法人雄之会 つきやま歯科医院 勤務

補綴専門医による治療

以下にあてはまる患者さんは補綴専門医による治療の対象となります。

  • 1本もしくは複数の歯を喪失した場合
  • インプラントに興味がある
  • 総義歯もしくは部分義歯が必要
  • 審美歯科に興味があり笑顔を改善したい

患者さんの歯や歯肉がなんらかの理由で欠損し治療が必要な場合には補綴専門医が治療を行います。
補綴専門医はインプラント、クラウン、ブリッジ、ベニア、総義歯、部分義歯など様々なオプションを用いて患者さんの口腔内の治療を行う事ができます。
一般の歯科医師でもこれらの治療のいくつかを行う事が可能ですが、歯学部を卒業後、さらに3年間の非常に高度な専門医教育を受けた私たち米国補綴専門医はこの種の治療に関するエキスパートです。私たちは歯科治療計画においてリーダーシップを発揮し、他の一般歯科医師、専門医や医療従事者に指示を与え協力して患者さんの歯科治療を成功に導きます。

診診連携

当院は九州で唯一、日本全国でも数少ない、アメリカで高度な専門医教育を受けた歯周病専門医と歯科補綴専門医が両方所属した医院であり、ともに連携して治療を行っています。

審美インプラント症例

症例1

前:変色していた歯が割れていたために抜歯に至ってしまいました。

後:インプラント治療後は見た目も自分の歯と区別がつかない位に修復され、治療前よりも自信をもった大きな笑顔を見せることができました。

症例2

左:小さな前歯が真横に割れた状態

右:インプラント治療とセラミック治療で自然に回復した前歯

症例3

左:前歯をぶつけて歯が抜けた状態

右:インプラント治療によって自然に回復した前歯

症例4

左:歯の形の不均一さ、歯肉のくろずみ、歯並びのかたむきの悩みで受診されました。

右:歯肉の色もピンク色に改善、歯の形もバランス良く整えられ、患者さんご本人の希望でご自身の年齢相応の歯の色に調整しました。テイラーメイドの治療により、様々な治療結果の実現が可能です。

症例5

左:見た目だけの問題だけではなく、歯周病・う蝕が進行している状態でした。

右:インプラント治療によってより自然な状態まで回復しました。

症例6

左:自転車で転倒し前歯を失った患者さんですが、審美インプラント治療によってここまで自然に自分の歯を取り戻すことが可能です。

症例7

前:見た目の改善を希望され来院された患者さんです。古い修復物の中は大きなう蝕と破折を認め、インプラント治療を行いました。

後:あらゆる角度から評価し、患者さんそれぞれの魅力を自然に引き出す治療結果を実現します。

症例8

左:2本の前歯がう蝕でほとんど残っていない状態

右:インプラント治療により本来の姿を取り戻しました。

症例9

左:昔の治療で失われた前歯と、割れた前歯

右:インプラント治療とセラミックでより自然な外見を回復いたします。

症例10

左:暗い色調の前歯はすでに内部で割れている状態でしたが、適切なインプラント治療により個性を反映した前歯へと修復することができました。

症例11

左:長い前歯の見た目と、過去の修復物の下の感染が原因で前歯4本を失わなければなりませんでした。

右:大きく歯肉が失われている場合には、ピンクセラミックを用いることで外科的な治療を最小限にすることも可能です。それぞれにあったオーダーメイドの治療をしっかりと話し合った上で私たちと一緒にベストの選択肢を考えましょう。