根管治療 福岡【つきやま歯科医院】歯の根の精密治療

つきやま歯科のロゴ つきやま歯科ののロゴ

根管治療 福岡ページトップ 根管治療 福岡ページトップ

精密根管治療とは? 精密根管治療とは?

手術用の顕微鏡「マイクロスコープ」を使用して、
肉眼では見る事の出来ない細部を顕微鏡レベルで拡大視野で確認しながら
歯の神経内の細菌を除去する根管治療のことです。

治療後も長引く痛みの原因をご存知ですか? 治療後も長引く痛みの原因をご存知ですか?

cause01

不十分な根管治療

虫歯の治療で神経を取った際に、神経の一部が残ってしまっている場合や、神経を取った後の患部の感染防御が不十分な場合など、歯の中に細菌が多く残ると炎症を引き起こし痛みが長引くことがあります。

cause02

根尖病変

不十分な根管治療により、歯根の先で細菌が繁殖し毒素を放出すると、根の先に炎症が起きて膿が溜まり根尖病変を起こします。根尖病変を引き起こすと、炎症によって骨が溶け激しい痛みや腫れを生じさせます。この状態まで進行すると、一般的な根管治療で完治する確率はぐっと下がります。より短期間に、効果的かつ根本的な精密根管治療が必要になります。

cause03

根管の見落とし

歯の根っこは個人差が大きく、同じものはありません。中には非常に見つけにくい根管も存在します。これを見つけるためにマイクロスコープ・CTを活用し、解剖学的な知識と臨床経験を有した歯科医師が診査・診断・治療をすることで痛みを取り除くことが可能です。

つきやま歯科の精密根管治療の4つの特徴 つきやま歯科の精密根管治療の4つの特徴

歯科用3DCT 歯科用3DCT

CTによる正確な診断

根管治療を成功に導くためには、歯の種類による
根管の形態を正しく把握する必要があります。

根管治療を成功に導くためには、歯の種類による根管の形態を正しく把握する必要があります。
複雑な形をした歯の根っこの隅々まで細菌に感染した神経や歯質を除去するために、CTによる立体的な3次元の画像を確認することによって、一般的なレントゲンだけでは発見することのできない病変や側枝などを確認することができます。また過去の根管治療で見落とされていた根管が見つかることもあるため、患者さんにとっては大きなメリットがあります。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ ) 歯科用顕微鏡(マイクロスコープ )

専門的な医療機器・材料

マイクロスコープ、ラバーダム、
ニッケルチタンロータリーファイル、MTAセメントなど、
専門的な医療機器や材料を用いて治療を行います。

マイクロスコープとは通常の8〜20倍に拡大できる顕微鏡です。マイクロスコープの導入をしていないクリニックでは、歯の根の長さを測る計測機器、レントゲン写真、手の感覚による手探りの感覚で細菌除去が行われています。
しかし根管内部は湾曲していたり網状構造になっていたりと非常に複雑な構造をしており、目視では細かな部分まで確認することができません。
マイクロスコープを使用すれば、目視とは異なり感染部分を見逃すこともなく、より正確な治療を行うことができます。

院長の診療 院長の診療

担当医が責任をもって最後まで治療

複雑で繊細な処置が必要とされる根管治療では、
ただの虫歯治療と違い
治療時間が長くなることがあります。

これは治療後の感染リスクを踏まえて、できる限り歯周組織にダメージを与えずに細菌だけを地道に除去していく必要があるからです。
そのため当院では、根管治療に関して研鑽を積んだ歯科医師が治療が終わるまで責任をもって患者さんの治療にあたります。

ラバーダム ラバーダム

全ての症例にラバーダムを使用

ラバーダムとは根管治療を行う歯を
隔離するために用いるゴムのシートです。

日本の多くの医院ではラバーダムを利用した根管治療を行っていませんが、再発を防止するために必須の道具です。
ラバーダムにより、様々な口腔内細菌が治療を行う歯に侵入するのを防ぎます。また、根管治療で使用する薬液から粘膜を保護したり、器具の誤飲防止効果も期待できます。
当院でも再発を予防するためにラバーダムを使用しています。治療中、少し息苦しいというデメリットはありますが、ラバーダムは精密根管治療には無くてはならないものです。

docter information

精密根管治療担当医三ヶ尻 佳貴

経歴
  • 2000年福岡歯科大学 卒業
  • 2000~2002年九州大学病院 全身管理歯科にて研修
  • 2002年つきやま歯科医院勤務開始
  • 2009年JIADS ペリオコース 修了
  • 2010年JIADS 補綴コース 修了
  • 2012年Medical Treatment Model Course for
    oral physicians修了
  • 2012年副院長就任
  • 2014年マルメ大学(スウェーデン)カリオロジーコース修了
  • 2016年藤本研修会エンドコース修了
  • 2017年~福岡歯科大 非常勤講師
  • 2019年院長就任
  • 賞状

    レントゲン画像

    医院外観

詳しくみる

根管治療の流れ

これまで何度となく通院して
大変な思いをされた患者さまも
多いかと思います。

当院では、ほとんどのケースで
早ければ1回、多くても4回程度で
治療が完了致します。

保険診療では使用されない
最新の機器と熟練した技術を
提供致します。

カウンセリング

カウンセリング中 カウンセリング中

どのくらいのお痛みなのか、いつ頃から痛み出したか、これまでの歯科医院で不安や不満に感じたこと、お悩みなどなど、どんなに些細なことでも構いません、お気軽にお話下さい。

診査・診断

歯科用CT 歯科用CT

お口の中を拝見した上で、口腔内写真の撮影、CT/レントゲン撮影を行います。この検査に基づいて長引く痛みの原因を洗い出したり、最適な治療方法の検討を行います

治療計画のご案内

説明中 説明中

診査診断後、その歯の状況、おおまかな予後、治療の方針について説明し、患者さんと相談した上で治療方針を決定します。

治療開始

診療中 診療中

方針が決定し、患者様にご納得いただきましたら、治療を開始します。基本的に1〜4回ほどのご来院・治療になります。

料金表 料金表

ご予約・ご相談はお気軽に

電話予約電話ロゴ092-582-5454

院内写真

よくある質問

Q1 他院で治療中ですが
見てもらうことはできますか?

可能です。まずは、お電話ご予約ください。
その際、セカンドオピニオンでのご受診の旨、お伝えください。

Q2 根管治療は必要ですか?

実際の治療は地味で華やかさはありませんが、歯の予後に関わり、かつ痛みなく噛めるなど生活の質を高めるには非常に重要な治療です。
華やかさがなく、また目に見えないためあまり注目されませんが非常に難しい治療です。
簡単に例を挙げると、見えない煙突の中を掃除していくようなモノです。
煙突は一つではなく複数あり、隠れた煙突などもあったりします。また、すべての煙突がまっすぐでなく別れ道があったりもします。成功率の高い治療とは、まずその歯の状態を適切に診査診断ができ、根管がいくつあるのか、どのような形態をしているのか、様々な状況に対しどう対応するべきかなどを熟知した歯科医師が、見えない状況を見えるようにするマイクロスコープや、最先端の材料を使用し、根管治療の基本であるラバーダムを行うことで可能になるものだと考えられます。

Q3 治療中や治療後に痛みは感じますか?

治療中は麻酔をしますので痛みを感じることはほとんどありません
ただし炎症が強い場合は麻酔が効きにくいので少し痛みがある場合があります。その際は追加で麻酔をして痛みがない状況で治療を行えるようしています。
治療後は悪い部分を触った影響で、2−3日は何かしらの軽い痛みや、違和感を感じる方が6割ほどいらっしゃいます。しかしながら、鎮痛薬を飲むだけで十分収まる程度です、また、これは時間とともに減少いたしますので心配いりませんし、治り具合に影響することはありません。

Q4 1回の治療にかかる時間はどのくらいですか?

歯の根の状態にもよりますが、およそ60分〜90分です。

Q5 生活上で注意することはありますか?

根管治療中の歯は通常の状況より脆くなっていますので、その部位であまり硬いものは噛まないほうがいいです。
またガムキャラメルなどの粘着性の高い食品は仮封が取れる可能性があるので避けましょう。

予防をベースに真の健康利益となる歯科医療を行い、
福岡から発信します。

診療時間
9:30 - 12:00
14:00 - 17:30

休診日:木曜/日曜日

※当院は完全予約制です
  • ご相談・ご予約はお気軽に 092-582-5454
  • instagram
  • facebook

つきやま歯科医院
井尻本院へのアクセス

【電車でお越しの方】
・西鉄天神大牟田線 井尻駅より徒歩5分
・鹿児島本線 笹原駅より徒歩10分
【お車でお越しの方】
医院近くにコインパーキングが多数
ございますのでご活用ください。
[所在地] 〒811-1302 福岡県福岡市南区井尻5-25-6
[診療時間] 月〜土 9:30-12:00/14:00-17:30 
※休診日:木曜日/日曜日
アクセス・お問い合わせ ご予約 092-582-5454