医療関係者向け

築山鉄平の論文が「臨床と研究」に掲載されました

「臨床と研究 9月号 プロバイオティクス・プレバイオティクス臨床応用の現状」にセンター長・築山鉄平の論文が掲載されました。

是非、ご覧ください。

【WEB掲載】西日本新聞の記事がYahooニュースで特集されました

先日、西日本新聞朝刊に掲載された記事が、8月12日にYahooニュースにて特集されました。是非ご覧下さい。

【URL】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00010000-nishinpc-sctch

ペリオとインプラントの分野におけるスウェーデン式予防を考える1Dayセミナー

連日厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしですか。

つきやま歯科医院 歯科衛生士 杉山由佳 です。

先日、東京で開催された”ペリオとインプラントの分野におけるスウェーデン式予防を考える1Dayセミナー”に参加してきました。

スウェーデン歯周病学会会長を勤められるAnn-Marie Roos-Jansaker先生をメイン講師とした3名の先生による半日がかりでの大きなセミナーとなりました。予防歯科の先進国とされるスウェーデンではどのような事が行われているのか僅かですが学ばせていただきました。どの先生方もなかなかお話しを聞ける機会がないのでとても貴重な経験となりました。

私自身、衛生士として2年目 に入ったばかりで、日々勉強の毎日ですが与えられた機会に感謝しこれからも勉強に励みたいと思います。

 

写真1

Ann-Marie Roos-Jansaker先生と

写真2

福井秀和先生と

写真3

ヘーク利香先生と

築山鉄平がヨーロッパインプラント学会の雑誌“inspyred”に紹介されました

この度、ヨーロッパインプラント学会が発行する雑誌 “inspyred”にて、専門医療センター天神 院長 築山鉄平の症例「垂直性及び水平性の骨欠損」が紹介されました。

ぜひご覧ください。

<フジ系列 テレビ西日本 (TNC)>特報ライブ「予防歯科最前線!」 つきやま歯科特集 築山鉄平出演

つきやま歯科医院 センター長 築山鉄平です。

6月21日につきやま歯科医院が、 <フジ系列 テレビ西日本 (TNC)>特報ライブ「予防歯科最前線!」として特集されました。 SAKATAモデル(*)を基本としIoTを利用した最先端の予防歯科の実践を特集して頂きました。

患者さんにデジタルで情報を還元するクラウドサービスとスマート歯ブラシ(GUMPLAY)を連動させたIoTを利用した西日本で初めての導入事例です。是非、ご覧下さい。

(*)「KEEP 28」と言われるスローガンを元に、生涯自分自身の永久歯を28本全て保つことを目標とし、医科や企業やコミュニティを含む分野を超えた社会システムのこと。日吉歯科診療所:熊谷崇先生を中心に山形県酒田市から展開されている。

 

福岡歯科大学歯学部1年生への講義報告

紫陽花の花が美しい季節になりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

つきやま歯科医院専門医療センター天神 院長の築山 鉄平です。

先日、1年生の学生を対象にキャリアガイダンスを行いました。

私たちの大学教育はどちらかというと先生から生徒へという一方通行が多かったですが、今回は多くの時間をグループディスカッションを行い、アクティブラーニングという積極的に自分で学びをとるスタイルです。

まだいい意味で歯科会の常識に染まっていないので、多くの自由な発想が飛び出し私自身も大変勉強になりました。

これからも若手の教育には力を尽くして参りたいと思います。

キャリアガイダンス講義風景

福岡歯科大学 講義報告

すがすがしい初夏の季節となりました、皆様いかがお過ごしでしょうか?

つきやま歯科医院 副院長の三ヶ尻 佳貴です。

現在私は、福岡歯科大学の口腔保健学(予防歯科学)の非常勤講師をしております。

先日は、4年生の授業2コマ(160分)を担当致しました。

少しでも母校に恩返しが出来たらと思い引き受けましたが、自分の歯科医師としての18年間を振り返り、『歯科医療のあるべき姿』について頭の中を整理する良い機会となりました。

『卒業後何を考え、どうしてつきやま歯科に就職したのか、そしてそれから多く経験と学びを得た18年間を経て、今現在は何を目指しているのか』という話を前半に行いました。後半では、『日本の歯科界の現状』並びに、『今後求められる歯科医療について』をテーマに講義を行いました。

今の4年生(歯学部は6年間)は、将来どんな歯科医師になりたいか?卒後どのような歯科医療を目指すのか?など真剣に考えている学生さんが多く、(私は違いましたが)非常に嬉しく感じました。

今後日本の歯科医療を担う若者達への講義を通して、歯科医療人として軸となる哲学を私なりに伝えたことで、残りの学生生活および卒業後の長い歯科医師人生における1つの方向性を提示できたと確信していますし、私にとっても非常に刺激的で楽しい1日となりました。

 

講義中の私