予防歯科

予防歯科とは

予防歯科といってもわかりにくいですよね?

いったい何をすることなのでしょうか?

むし歯・歯周病にならないように定期的に歯科に通うことでしょうか?

本来の予防歯科の目的は

“一生涯自分の歯で食べて話して笑い、毎日楽しく過ごせること”

と私たちは考えています。
しかし…残念ながら、歯科で定期的にケアを受けるだけでは本来の予防歯科の目的を達成できません。
現在の口腔内に至った原因を調べその予防策を立てます。歯を失わないように治療だけでなく今の口腔内に合ったセルフケア(予防策)を学ぶことはとても重要です。また、セルフケアが実践され、上手く継続されているか歯科衛生士(専門家)にチェックしてもらうことも必要となります。
それが歯を良い状態で一生涯保つ唯一の方法であり、いわゆる本来の予防歯科の考え方です。

一生涯自分の歯で食べて話して笑い、毎日楽しく過ごせること

日本の現状

歯科医師を増やし治療中心の医療にシフトした日本国民の口腔内は、予防中心の先進国スウェーデンなどと比べると約20倍の速度で歯を失い、なんと80歳では半分の人が総義歯になってしまいました。スウェーデンではきちんと予防を続けた人はむし歯や歯周病で歯を失う事は稀なことだと、データでも証明されています。

スウェーデンと日本、30年間で失った歯の本数の比較

当院の患者さんとの向き合い方

水道の蛇口が開いたままにも関わらず、一生懸命掃除をしている2人の青年

上の絵を見てみなさんどう思いますか?

水道の蛇口が開いたままにも関わらず、一生懸命掃除をしている2人の青年がいます。
この蛇口をしめない限り、永遠と掃除は続きます。
この絵と同じで病気となる原因『蛇口全開』を解決しないことには、治療『大掃除』が続く一方です。当院では、患者さん一人ひとりのむし歯と歯周病の原因を突き止め、それぞれに合った予防プログラムや治療を立案し提供させていただきます。

口腔の健康は自分自身のスキルアップが不可欠

「歯医者に行っているからむし歯・歯周病にはならない!」ではありません。1年間の中で歯科衛生士 (専門家)が指導やクリーニングなどを行える時間はごくわずかです。日頃からホームケアに力を入れないと予防できません。
そのためにまずはしっかりと口腔内を検査し、状態やリスクをご自身が理解し、把握することが必要です。そこから一人ひとりに合わせたホームケアを歯科衛生士が提案・指導させて頂きます。ご自身に合った予防プログラムを実践し、スキルアップすることがなによりもの予防となるのです。

3ヶ月に1回定期健診に来ると仮定した場合

根拠(エビデンス)に基づいた医療

口腔健康の獲得

健康な口腔内を維持するには予防だけではなくきちんとした治療も必要です。
当院では、世界中の論文や根拠に基づいた研究を学び、患者さんの希望を踏まえた上で、安全で成功率の高い予防法、治療法をご提案させて頂きます。

一生涯歯を守れる環境づくり

そして予防に勝る治療はありません。いくらむし歯や歯周病の治療を行っても、口腔内にその原因が残っている状態では、また同じように再発を繰り返してしまいます。
当院では、治療の繰り返しを防ぐため口腔内の環境改善・原因の除去を行った後でないと、歯を削る治療は行いません。(緊急の場合を除く)
まずは歯科衛生士と一緒に口腔内の環境改善・原因除去を行っていきませんか?
むし歯や歯周病の原因が残っていては治療が永遠と続きます。

急ぐのは治療ではなく原因を取り除くことです。

予防をするためには…

予防をするためには…

当院では口腔内の予防プランを提案させていただくため全ての患者さんに、メディカルトリートメントモデル(MTM)を行っています。
メディカルトリートメントモデルとは例えると口腔内の健康診断です。口腔内の二大疾患「むし歯」と「歯周病」の現状とリスク(なりやすさ)を検査・分析します。その検査結果を基に、患者さん自身に口腔内の状況を把握していただき、生活習慣やセルフケアの見直し改善等の予防プランを提案、実行するところからスタートします。