院長あいさつ

つきやま歯科井尻本院の院長 三ヶ尻佳貴(みかじり よしたか)

院長 三ヶ尻 佳貴

はじめまして。2019年4月から、つきやま歯科井尻本院の院長に就任致しました三ヶ尻佳貴(みかじり よしたか)です。

歯科医院という場所は困ってから行く場所という認識が一般的だと思いますが、当院では半数以上の患者さんが、自分の口腔内を良い状態で維持するためにメインテナンスに通われています。

あまり知られていませんが、健康な歯でも3~4回治療を繰り返すと抜歯になってしまいます。

つまり、どんなに質の高い治療を行ったとしても、メインテナンスなしでは人工物が一生涯保つということはなく、徐々に悪くなるということが多くの研究からわかっています。

そのため、健康な歯を健康なまま守る、たとえ削られたとしても進行しないように維持する、ということが一番重要になります。

当院では、築山雄次理事長が開業当時より予防歯科をベースにした歯科医療を展開していましたが、更に高い次元での予防歯科を実践するため、2011年に熊谷崇先生の提唱するMTM(メディカルトリートメントモデル)を学び、導入致しました。

その道は平易ではありませんでしたが、現在MTMを軸とした一生涯自分の歯を守れる最高の予防歯科を、皆さんに提供できるようになったと自負しております。

今後とも引き続き、良質で長持ちする歯科治療と、それを可能にする質の高い予防歯科メインテナンスを行ってまいります。是非、私達に『一生涯自分の健康な歯で過ごす』お手伝いをさせてください。

つきやま歯科医院 井尻本院
院長 三ヶ尻 佳貴